ジャリッコ
排水処理施設への
改造

1. 改造の方法

step1 活性汚泥の曝気槽の散気管を取り除き、底部を平らにする。
step2 散気管を等間隔に敷設する。
step3 ジャリッコを充填する。

2. 改造の費用

既存施設をジャリッコ処理に改造する場合の投下資金は5年程度での回収が目安となります。
キューピー・グループA社への提案事例
改造費用88,335千円÷年間コスト減18,437千円=4.8年
改造費用(イニシャルコスト)
機械工事費 18,435千円
ジャリッコ費用
(運搬費含む)
69,900千円
合計(税別) 88,335千円
維持管理費(ランニングコスト)
維持管理費(ランニングコスト) グラフ

3. ジャリッコ法と活性汚泥法の特性比較

ジャリッコ法の特性
無人運転
ゼロエミッション
ジャリッコ法の特性
オイルトラップ/加圧浮上によるフロスの発生とその処分
加圧浮上、脱水に用いる薬品費
脱水汚泥の廃棄費用
異臭の発生
管理技術者が不可欠
TOP > ジャリッコ排水処理施設への改造